平成26年12月最新記事PICKUP!

標準仕様かオプションか
メーカー住宅の場合、構造体はもちろん設備や内外装に関してはどんな材料を使ってどんな材料を使ってどんな仕上げにするのかなど、標準仕様がきちんと定められているはずです。見積りを依頼する段階ともなれば建てたい家のアウトラインがほぼ把握できているでしょうから、標準仕様についても確認しておいたほうがいいと思います。そうは言っても、とくに構造体など、こんな規格の材料を使ってこんな工事をしますなんて言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。ですから、内容についてはさておき、メーカーを選ぶ時は標準仕様がきちんと定められているのかどうかをまず確認することです。そのへんがあいまいなメーカーはパスしたほうがいい。なぜなら、使う材料や仕上げ、設備などによって見積りの額が決まるのに、標準仕様がはっきりしていないようでは坪単価だって出ないはずですよね。勘ぐれば、材料や仕上げのグレードを調整してつじつまを合わせることだってできてしまうわけです。仕様書のコピーをもらって、確認してください。もうひとつ、面倒なのは標準仕様とオプションの二者択一方式です。標準仕様というのは、本来はそれだけですぐにでも住めることを前提に設定されているはずなのですが、なかなかそうはいきません。価格が安いということは当然、グレードも低いものにならざるを得ません。また、何を標準仕様に含めるかもメーカーによってまちまちですから、いきおい、値が張るものはオプションにして坪単価を上げないようにしようということになります。

最新コラム!2014年12月

平成26年12月1日新着!
住宅ローン借り換えの諸費用について
2014-12-01更新の日記image
住宅ローンの借り換えにかかる諸費用について考えてみましょう。まず、「取り扱い手数料」とは、借り換え先の金融機関に支払う融資手数料のことです。要は、銀行の事務手数料のことで、3万~5万円程度が1つの目安となります
平成26年12月2日PICKUP
住宅ローン借り換え時の注意点
2014-12-02更新の日記image
住宅ローン借り換え時の注意点をご説明します。借り換えは、ローンの名義だけが単純に右から左へと移動するのではなく、れっきとした新規の借り入れです。そのため、融資条件もあれば審査もあります。この審査をパスできなけれ
平成26年12月3日更新
家庭環境
2014-12-03更新の日記image
子供部屋に入っても、勉強などしていないことは何度も経験ずみである.家庭では、親子が会話することの方が、より大切である。リビングで家族のコミュニケーションがとれなければ、子供は自分の部屋に逃げる。子供の自立は子供
平成26年12月4日最新情報
親子の信頼関係
2014-12-04更新の日記image
個室が欲しいという子供は、部屋をどのように使うか、子供なりに考えるものである。親が決めつけるより、子供を見守ることである。勉強は自分の部屋で勉強するよりも、リビングでしたいと思っている子もいる。このようなときは
平成26年12月5日NEWS
子供の家庭や住宅の間取りを分析
2014-12-05更新の日記image
親が無断で子供の引き出しをあけたりすることがあれば、信頼を失い、子供は入られないようにロックにこだわることになる。子供が家庭内で暴力をふるったり、重大事件を起こすと、子供の家庭や住宅の間取りを分析して、あたかも
平成26年12月6日新着!
文部省の生活慣習調査
2014-12-06更新の日記image
「さわらぬ神にたたりなし」という思いが誰の心にもあり人間の弱味である。住宅や住まい方について、確固とした自分の考え方をもたないと、最後まで、家相、風水にふりまわされることになってしまう。家相についての書物もおび
平成26年12月7日PICKUP
住宅に何を優先するか
2014-12-07更新の日記image
地方の住民は北東の方角が恐ろしい方角となり、鬼門の方角となった。このような外国の地方の古い話が、鬼門の起源であり、建築学とはまったく異質のものである。自分の住宅に何を優先するかは、住まい手の判断によるわけだが、
平成26年12月8日更新
建築学的に至極当たり前のこ
2014-12-08更新の日記image
家相とは異質の住まい手の精神的なよりどころである。家相、風水の内容は、建築学的に至極当たり前のことと、現在の住宅様式にあてはまらなくなったことも多い。住宅の中央に炉や台所を設けることを別としているのぱ、建築学打
平成26年12月9日最新情報
工事中の安全を祈願
2014-12-09更新の日記image
凶の木が、別の地方では吉の木であることがある。その地方の何かの伝説から、異なった言い伝えがあるのかもしれない。いずれにせよ、多くの伝説と同様に、明確な根拠がはっきりしないことが多い。住宅の着工時に地鎮祭を行い、
平成26年12月10日NEWS
伝統的な儀式
2014-12-10更新の日記image
地鎮祭や上棟式を司るための神官が金目当てに出現したことがあった。伝統的な儀式も、徐々に事務的にすませるようになってきている。住まいのメンテナンス新居が完成すると、手入れを全くしない人が多い。的確な手入れを行えば
平成26年12月11日新着!
不動産売却の諸費用
2014-12-11更新の日記image
不動産の売却に際してかかってくる諸費用は、次のものがあります。 仲介手数料成約価格の3.15%+63,000万円(税込)②抵当権などの抹消費用法務局へ支払う手続料と司法書士の手数料で、数万円が目安です。③不動産
平成26年12月12日PICKUP
不動産評価活動の重要性
2014-12-12更新の日記image
私たちが不動産に働きかけ、生活や生産活動のために不動産を利用しようとするとき、その不動産の価格により、働きかけの方向や度合いも変化することになるでしょう。このようにして、不動産に働きかけた結果として作り上げた環
平成26年12月13日更新
企業経営の監査人
2014-12-13更新の日記image
平成4年度から4半期ごとの短期地価調査が国土庁から公表されており、ここでも不動産鑑定士の活躍が見られます。社会的にも重い職責があり、将来に期待されている不動産鑑定士の現況はどのようになっているのでしょうか。数あ
平成26年12月14日最新情報
不動産鑑定業の業績推移
2014-12-14更新の日記image
最近の不動産鑑定業の業績推移を見てみると,平成6年分が全体で15万913件の鑑定評価を受注しています。前年比では-46%と,3年に1度の土地固定資産税評価の評価替えがなかった関係から減少傾向を示しました。しかし
平成26年12月15日NEWS
どのような不動産鑑定士を目指しているのか
2014-12-15更新の日記image
不動産鑑定士である以上は,大手の事務所に所属しても個人の事務所に所属しても変わりはありません。ただ,一般的な傾向として,個人事務所に所属しながら試験に合格した不動産鑑定士は,そのほとんどが,将来独立して個人の不
平成26年12月16日新着!
協会の組織
2014-12-16更新の日記image
日本不動産鑑定協会の現在の主な業務内容としては,次のものがあげられます。①不動産鑑定評価に関する一般的相談、②不動産鑑定評価制度充実のための鑑定評価理論の研究、③不動産に関する実態調査,内外の参考図書や資料の収
平成26年12月17日PICKUP
幅広い学部出身の受験者を受け入れやすい
2014-12-17更新の日記image
不動産鑑定士の試験は、司法試験(法学)や公認会計士試験(商学・経済・経営)などと異なり,幅広い学部出身の受験者を受け入れやすくしていることにつながっているのではないかとの見方もありました。おそらくは,そのどちら
平成26年12月18日更新
合格発表について
2014-12-18更新の日記image
受験願書用紙および受験案内は,各都道府県主管課および国土庁で交付されています。受験願書の受付場所は,住所地の都道府県主管課となっています。第1次試験は,第2次試験を受けるのに必要な基礎的教養や一般的学力を有する
平成26年12月19日最新情報
試験科目について
2014-12-19更新の日記image
不動産鑑定士の試験科目は次の5科目とされており,試験が行われる年の4月1日現在の施行法令によって出題されます。したがって,法改正などの公布が4月1日前に行われていても,改正法の施行が4月1日になされていなければ
平成26年12月20日NEWS
最後の関門の第3次試験
2014-12-20更新の日記image
最近の不動産鑑定士の実務補習生の平均年齢は,おおむね,33歳~34歳となっています。年齢層別でみると,だいたい次のようで,20歳代が37%,30歳代が約41%,40歳代が約14%,50歳代が約6%,60歳代が約
平成26年12月21日新着!
土地・建物売却時の税金の基礎知識
2014-12-21更新の日記image
従前通り、譲渡所得額に所得税・住民税が課税され、不動産を5年以上所有していれば長期所有資産として長期譲渡所得の優遇が受けられます。その2・譲渡所得額=譲渡価格1(取得費10譲渡経費)(かつて長期譲渡所得において
平成26年12月22日PICKUP
相続税額の計算方法について
2014-12-22更新の日記image
相続税は、被相続人の遺産全部を集計し、債務と葬儀費用を差し引いて、そこから基礎控除額(5000万円10法定相続人1人当たり1000万円の合計)を差し引いた金額が課税基準です。遺産の評価は、現金ならそのまま対象と
平成26年12月23日更新
定期借地権付マンションの事情
2014-12-23更新の日記image
借地権付マンションの分譲では地主は土地所有権ではなく、底地保有になってしまいますが、定期借地権の導入により、定期借地権付マンションの分譲という選択肢が考えられるようになりました。ここで定期借地権のメリットについ
平成26年12月24日最新情報
借地・借家を物納するには
2014-12-24更新の日記image
相続税は、被相続人の死亡した日の翌日から10力月以内に納税することになっています。期限までに納めなければ、遅延損害金にあたる延滞税まで納めなければなりません。土地や建物を貸地や貸家にしても、相続税が支払えない場
平成26年12月25日NEWS
不動産投信ってなんだろう
2014-12-25更新の日記image
不動産投信(不動産投資信託)は日本版REIT(リートと読みます)とも呼ばれ、注目を集めている新しい金融商品です。これは、投資家から集めたお金でファンド(投資法人)をつくり、そのお金でオフィスビルやマンション、シ
平成26年12月26日新着!
不動産投信の魅力ってどこにあるの?
2014-12-26更新の日記image
不動産投信は、毎月定期的に入ってくるオフィスビルや商業施設の家賃が利益のもとになるため、配当が安定している商品です。逆にいえば、この質料が入ってこないと利益があがりません。不動産は、ただあるだけではなんの収益も
平成26年12月27日PICKUP
どんなタイプが投資家に向いているのか
2014-12-27更新の日記image
ある程度リスクがとれて、配当を重視する人が向いていると考えます。みなさんは、自分の資産運用として、どのような方法をとっていらっしゃいますか。絶対損をすることのないように、低利でも銀行や郵便局に預けている人。少し
平成26年12月28日更新
配当をうまく調節して利口な投資家になろう
2014-12-28更新の日記image
不動産投信にも、これからいろいろな種類のものが増えてくると思われますが、一般的には、短期的な売買益(キャピタルゲイン)を期待する投資家より、長期的に保有して配当(インカムゲイン)にうまみを見いだしたいタイプの投
平成26年12月29日最新情報
幾らくらいで不動産投信は買えるのか
2014-12-29更新の日記image
2001年9月以降、販売されている2種類の不動産投信は、いずれも一口50万円を見込み額として、ブックビルディングという方式で公募価格を決めました。しかしその後の価格は、取引所での取引価格がいわゆる株価(市場価格
平成26年12月30日NEWS
投信にはどんなものが上場されているのか
2014-12-30更新の日記image
どんなものが上場されているのかという問いに対し、現在は2つのファンドがすでに上場していることを説明します。不動産投信には3つの種類があり、そのいずれも上場することはできますが、現在上場している商品は、「会社型」
平成26年12月31日新着!
不動産の種類や投資方針によって商品は違う
2014-12-31更新の日記image
不動産投信は、それぞれの商品によって運用している不動産の種類が違います。たとえば、オフィスビルだけを運用している商品もあれば、ショッピングセンターや商業ビルなどを運用する商品、さらに賃貸住宅を運用したり、これら

このページの先頭へ