トップ > 平成27年2月> 3日

資金繰り計画

2015年2月3日「火曜日」更新の日記

2015-02-03の日記のIMAGE
資金繰り計画は、年ベースではなく、毎月の収入と支出にまで落とし込んでつくられます。借入金の返済時期はもちろんのこと、各種手数料の支払いから税金の納付時期まで、すべての収入と支出が記載され、支出には支払うべき優先順位がつけられています。この資金繰り計画は、通称「ウオーターフォール」(日本語訳は滝)と呼ばれています。支払うべき優先順位をつけて、上の方からお金を支払っていく表をつくると、表の上からまるで滝が流れているように見えるためにこのように呼ばれているのです。証券化初心者が、ある銀行の人と話したときに、「それでは次の打ち合わせでは、ウオーターフォールを持ってきて下さい」と言われたことがありました。その場では「はい、わかりました」と答えたものの、帰りの電車の中で、「まさか、滝を持ってこいというわけはないな。何か飲み物を飲みたいということでもないだろう。するとウオーターフォールという契約書でもあるのかな?」などと悩んだことがあったそうです。土地神話の終焉をはじめとする環境変化が、日本の不動産ビジネスのあり方を変えようとしています。「それでは、これからどうやっていけばよいのか」という問いに対する回答の一つが、ここで取り上げた不動産投資ビジネスです。もちろん、環境変化に対応するための選択肢はいくつかあります。不動産投資ビジネスは選択肢の一つにすぎません。

このページの先頭へ