トップ > 平成27年2月> 4日

不動産に関する様々なリスク

2015年2月4日「水曜日」更新の日記

2015-02-04の日記のIMAGE
不動産に関する様々なリスクが顕現化し、不動産投資資金の調達に制約があるなかで、不動産ビジネスを発展させようとすれば、やはり何らかの形で不動産投資ビジネスにかかわりを持たざるを得なくなるのも事実でしょう。例えば、分譲マンション事業をするにしても、事業の一部に証券化の手法を取り入れて、ノンリコースローンで資金を調達する方が有利かもしれません。不動産仲介事業でも、売り主や買い主力1不動産ファンドとなる場合があるかもしれませんし、ある不動産を買うのに証券で持ちたいという買い主もいるかもしれません。デューデリジェンスは、もはや不動産投資ビジネスにとどまらず、通常の不動産取引においてもかなりの程度まで普及してきています。要するに、既存の不動産ビジネスの枠組みの中に、不動産投資ビジネスが組み込まれてきているのです。これからは不動産投資ビジネスに直接かかわらないにしても、それがどういうものでこれからどうなっていきそうかについて、きちんと把握しておくことが必要になってくるでしょう。大手不動産会社の経営戦略では、表現は異なりますが必ずといってよいくらい、不動産投資ビジネスへの注力がうたわれています。ただし、その方法は各社各様であり、将来的なビジネスモデルの変革を前面に押し出している企業もあれば、デベロップメントを機軸に据えつつビジネスモデルを一部、高級賃貸路線に変えていこうとしている企業もあります。

このページの先頭へ