トップ > 平成27年2月> 7日

プライベートファンドの形態

2015年2月7日「土曜日」更新の日記

2015-02-07の日記のIMAGE
プライベートファンドの形態として広く用いられているのは、YKTK型のスキームです。このスキームでは、不動産に対する投資資金を、投資家からの匿名出資とノンリコースローンによって調達します。一般的には、資金訓達額に占める借入比率を60~70%程度にして、10%以上の投資利回りを狙うファンドが多いようです。なかには借入比率を75%以上に設定し、ハイ・レバレッジを効かせて20%以上の高利回りを狙うファンドもあります。不動産証券化協会が2003年5月に生命保険会社、損害保険会社、年金基金といった機関投資家向けに実施した「不動産運用に関するアンケート調査結果」によれば、プライベートファンドへの投資についての関心はまだ薄いもの、関心を持ち始めたり、実際に投資をしている機関投資家が、徐々に増えてきている様子がうかがえます。また、一部の年金基金を除くと、プライベートファンドへの投資に対する期待収益率は7%以上となっており、上場J-REITの実紋に比べて高い利回りを求めていることがわかります。もともとハイリターンを求める資金がプライベートファンドに流れていることに加え、上場への投資と比べると、投資資金の流動性に乏しいり-REITのように、いつでも上場市場で投資口を売却して現金化できるわけではないことが、商い利回りを求められる原閃の一つになっています。

寒い季節になってきました

2月に入って、どんどん寒くなってきましたね。一人暮らしを新宿でしているんですけど、やっぱり一人だと暖房をつけていても効きが悪かったりして寒いなと思うことが多いんです。この不動産でお部屋探しはいかがでしょうか?自社物件を多く扱っているので仲介手数料を最大無料で提供することが出来るので、お得にお部屋探しができますよ。埼玉で不動産をお探しならヤマトサービスへどうぞ!

はじめての一人暮らし

を都内でしようと考えているんですが、いい物件はないですかね?やっぱり安さも大事なんですけど、女の子はオートロックやバストイレ別、2階以上の物件がいいとかこだわりが多いんですよね。女性向け物件をたくさんあつかっている不動産会社に行った方がいいですよね。それならなでしこ不動産で間違いないと思います。新設丁寧に最新の物件をお届けしてくれるので、満足のいく不動産選びが出来る事はまちがいないですよね。

このページの先頭へ