トップ > 平成27年2月> 11日

借入金による資金調達

2015年2月11日「水曜日」更新の日記

2015-02-11の日記のIMAGE
現在の税制等を前提にするならば、賃貸事業での借入金による資金調達には、より積極的な意義を見い出すことができます。第一に、事業のための借入金の利子は税務上損金に算入でき、借入金そのものも事業主が個人の場合には相続税上で債務控除の対象となるなど、節税対策を図ることができます。第二に、不動産の担保価値は比較的高く、他の事業に比べて比較的低利の資金を調達しやすいので、事業計画的にも借入金の比率をある程度高めることにより自己資金の効果的な運川を図ることができます。すなわち、賃貸事業では無理のない範囲内で借入金を効果的に訓達することが、事業計画上の大きなポイントの一つになるということがいえます。借入金を効米的に調達するには、借入金の調達先と、返済条件について、事業日的や、事業の性格などから十分な検討を行なう必要があります。借入金の調達先については、大きく分けて、民問金融機関と公的機関とがあり、一般的には、公的機関からの融資は、長期かつ低利のものが多いのですが、一方ではさまざまな制約条件がつけられていることが多くあります。たとえば、敷地面積や建物面積、川途等の制限、賃料や礼金、更新料等の制限、人居者募集の制限などです。

このページの先頭へ