トップ > 平成27年2月> 14日

人気の優良物件

2015年2月14日「土曜日」更新の日記

2015-02-14の日記のIMAGE
収益不動産に関しては大変人気が高く、優良物件が出るとあっという間に売れてしまうという状況が続いている。つまり、資金的に余裕のある人々は、賃料が毎月入って来る優良な収益不動産を求めているのだ。私は、ある地方銀行の融資課長に物件の紹介を依頼されているが、彼はいつも「融資をしたい先はあるのですが、該当するような不動産がなくて…」と口癖のように言っている。この彼の言葉こそが、現状の不動産市況を表していると思う。ただ、ひとつだけバブル時と違うのは、今の購入希望者は売買価格に厳しい点だ。比較的優良な物件でも、無理のある高い価格では購入しようとしない。つまり、あくまでも綿密な事業計画を立てた上で、物件を購入する、しないを判断しているのである。当たり前と言えば当たり前の話だが、これがバブル時には出来なかった。バプルがはじけて10年以上経過したが、ようやく落ち着いて、事業計画を冷静に立てる環境が整って来たと言える。収益不動産をすべて自己資金で購入する場合には、返済計画は必要ないが、投資した資金が何年で回収出来るかは必ず計算しておく必要がある。これにより、他の事業計画や自分の生活設計を考える上で、よりよいプラン策定が出来るだろう。

このページの先頭へ