トップ > 平成27年2月> 22日

賃料の延滞が発生するケース

2015年2月22日「日曜日」更新の日記

2015-02-22の日記のIMAGE
繁盛している店は賃料の支払いも順調で問題ないのだが、そうでない店は賃料の延滞が発生するケースが多い。店舗の賃料は比較的高額なので、あっと言う間に敷金・預かり保証金の額を超えてしまうという事にもなりかねない。もうひとつ付け加えるなら、建物全体として不特定多数の人々が出入りする訳であるから、共用部分の汚れ、傷みは結構激しいものになるし、防災上の観点から管轄消防署による消防検査チェックも厳しい。消防検査における共用部分の不備は、基本的には所有者において行わなければならないし、貸室内に不備があれば、所有者は入居者に対して改修を依頼しなければならない。ここまで書くと、収益用店舗ビルは全くいい所がないようだが、決してそうではない。前記したような理由から、店舗ビルの収益率は他に比べて高い。管理コストを考慮して販売されていると考えていいだろう。したがって、自分には建築の知識がある、他人との交渉は得意だ、多少の面倒な管理でも気にしない、よきアドバイザーがいるなどの読者は、店舗ビル購入を検討してはどうだろうか。ところで、収益用店舗ビルにはもうひとつ種類があり、スナックーラウンジ用に内装・什器備品の設置を当初から所有者が行うリース店舗ビルというものがある。

このページの先頭へ