トップ > 平成27年2月> 23日

賃料収入がある収益不動産

2015年2月23日「月曜日」更新の日記

2015-02-23の日記のIMAGE
リース店舗ビルの場合は、内装工事を所有者側で行うので、前述の工事分担に関するトラブルはないが、その他の管理上の問題は同じようなものである。こちらの収益用リース店舗ビルも、他と比べると非常に高い収益率の価格で販売されているケースが多いが、スナックーラウンジといった業種は現在大変厳しいので、入居者募集に苦労する事が予想される(もちろんケースバイケース、地域によっても異なるが)。どちらにしても、建物・入居者管理に骨が折れるが、収益性は高いというのが収益用店舗ビルの特徴である。収益率の目安は、店舗ビルで10%~18%、リース店舗ビルで15%~20%と考えればいいだろう。バブル崩壊後10年以上が経過し、不動産価格は驚くほど下がった。賃料収入がある収益不動産も、非常に購入しやすい価格まで下落している。そして、その収益率は、10%~20%という高収益な物件も販売されるようになった(もちろん不動産のタイプ・地域によっても異なるが)。土地価格はいつ底を打つのか予断を許さないが、もしきっちりとした事業計画に沿って賃料収入が見込めるのであれば、今現在、収益不動産は「買い」といえるだろう。また、低金利対策、ペイオフ対策ともなり得るはずだ。

相鉄沿線で戸建てを探してます。

そろそろ寒くなってきて、家族で住むための家を探したいと思ってるんですよね。でも、相鉄沿線でもたくさん物件があるのでどの会社にお願いをしていいのかわからないんですよね。でもこの不動産会社なら、無理やり、売り込みをされることなく、こだわりに合った提案をたくさんしてくれそうですよね。保土ヶ谷区のエリアの物件なら新築から中古までお任せ下さい。

木更津で戸建てを購入します。

木更津、袖ケ浦の戸建てや土地のことなら株式会社ハウスエコがおすすめですよ。やっぱり、家族で暮らすのなら、のどかな町で住みたいなとおもっているので木更津あたりでの戸建てや土地で自由におうちを探したいです。この不動産会では、エリアに特化したお得な物件を多数紹介してくれますよ。本当に店内もアットホームな雰囲気で、お客様も相談しやすい雰囲気があります。不動産購入でわからないことがある方はいつでもご連絡してみてくださいね!

このページの先頭へ