トップ > 平成27年2月> 24日

収益不動産を購入

2015年2月24日「火曜日」更新の日記

2015-02-24の日記のIMAGE
最初は資金のめどが立っているような言動なのだが、よくよく聞いてみると、購入資金の全額を金融機関から受けるつもりなのである。つまり、その人物は冷やかしのようで冷やかしでなく、現状の不動産市況・融資の状況を全く理解していないのだろう。はっきり言って、現状では収益不動産を購入するにあたり、全額を融資してくれる金融機関はない。よほどその人物に資金的な余裕がある場合を除いて、まずは不可能な話である。現状では、購入資金の6割程度の融資でよい方だと考えなくてはいけないので、それ以外の費用については、自己資金で出費する事になる。したがって、収益不動産を購入を検討する際には、まず購入資金のめどを立てておく事が重要である。全額を自己資金で考えているなら、どの預金を崩して購入資金に充てるかを考え、融資を利用するのなら、取引のある金融機関に収益不動産に対する融資が可能かどうか、またどの位の金額まで可能なのかどうかを打診しておく必要がある。これらの事を考えずに物件探しを始めて、後で「全然、資金のめどが立たない」では、物件を探してくれる仲介業者にとっても迷惑な話だし、恥をかくのは自分自身である。さて、ここからは、いよいよ収益不動産の探し方について解説しよう。

このページの先頭へ