トップ > 平成27年2月> 28日

購入したい不動産のタイプ

2015年2月28日「土曜日」更新の日記

2015-02-28の日記のIMAGE
購入したい不動産のタイプや価格、物件の地域などを話していると、仲介業者がこちらの資金計画・仕事内容などを聞いて来る事がある。「どうして初対面の人にそんな話までしなければならないのか」と考える読者もいると思うが、これは仲介業者が来店した客がどこまで本気で不動産購入を考えているのか、色々と探っているのである。細かく資金の予定などについて聞いて来る業者は、それだけ真剣に物件を探そうとしている表れである。つまり、仲介業者も無駄な業務はしたくないので、その客が不動産購入に見合う資金を持っているのか、あるいは融資が可能なのかを把握したいのである。資金のめどもない客の相手をして、一生懸命物件情報を探す事はしたくないのだ。もし仲介業者が資金計画や仕事内容を聞いてくれば、差し障りのない範囲で答える必要があるだろう。そうしなければ、たとえ信頼のおける仲介業者でも、「この客は資金を持っていないな」と判断して、本気で物件を探してくれないだろう。運よく信頼出来そうな仲介業者が見つかり、収益不動産探しを依頼する場合、自分の氏名・住所・電話番号などは正確に伝えなければならない。これらを明確に伝える事により、こちら側の真剣さをアピール出来るのである。こちらの真剣さが伝わらないと、仲介業者は物件を探してくれないと考えればいいだろう。

このページの先頭へ