トップ > 平成27年3月> 7日

住民以外の利用

2015年3月7日「土曜日」更新の日記

2015-03-07の日記のIMAGE
新築マンションを購人し、数ヶ月たって不満が爆発したせっかくの公園が台なしだ。敷地の中、建物に囲まれるように住民用の公園がある。それが購人を決憲した理由のひとつだった。環境を良いし、小さな子供を遊ばせるには最適と思っていた。ところが、そこがタチの悪そうな中学生の溜まり場になっている。見ていると彼らはマンションの住民ではない。昼間から学校にも行かず深夜にかけて、どこからともなく集まってはたむろしている。ダベッているだけかと思うと翌朝には必ず空き缶と煙草の吸殻が散乱しているという有り様だ。売り王の不動産会社に「住民以外の利用お断わり」の看板を立ててほしいと申し入れると、それはできないといわれた。聞くとそのウラにはひとつの約束ごとが隠されていた。不動産会社が建築工事着工前に市と近隣の人たちに対して、「竣工したあかつきには、公園を開放します」と約束していたのだ。その約束ごとが、マンション建設に反対した人たちを説得する条件のひとつだった。外部の人にも開放し、維持管理責任はマンション住民と決められた、いわゆる「自主管理公園」だったのである。外からの利用を排除することはできず、空き缶、吸殻拾いは住民の責任というわけです。

このページの先頭へ