トップ > 平成27年3月> 28日

直接ガスを燃やす方式

2015年3月28日「土曜日」更新の日記

2015-03-28の日記のIMAGE
最近では夕食後もそちらへ移動せず、こちらで過ごすことが多くなりました。普通のストーブでは高いところばかり温度が上がって足元は寒いので、つい暖房のしすぎになりますが、このストーブは特別の工夫がしてあるのでそういうことがなく快適です。私の家は古くて自然換気が抜俳なので、ファンヒーターと併用していますが、部内に住む別の人の話では、これ二台で暖房は十分問に合うとか。しかし、室内で直接ガスを燃やす方式ですので、気密性のよい家では換気に十分注意する必要があります。大きな部屋用の蛍光灯には丸型か箱型がよく使われますが、ほとんどのものにはプラスティック製のカバーがついています。照明器具はちょっといいなと思うものを選ぶとたいへん高価です。カバーのない形だと比較的経済的だし、省エネ時代に合っています。暮しの手帖でもこの問題を取り上げ、カバーなしのシンプルな製品の少ないのをなげいていました。しかし、棒形のもののカバーなし製品にはまだ選択の範囲は残されています。子供室や書斎などにはこれで充分間に合いますし、事務室風になるのを避けるのでしたら、天坪に直つけにまた吊せば当然光源の位置は低くなりますので、床面の照度は上がります。最初使おうとしていたものより小さいもので間に合うこともあり、光熱費の節減となるでしょう。

このページの先頭へ