平成27年5月最新記事PICKUP!

標準仕様かオプションか
メーカー住宅の場合、構造体はもちろん設備や内外装に関してはどんな材料を使ってどんな材料を使ってどんな仕上げにするのかなど、標準仕様がきちんと定められているはずです。見積りを依頼する段階ともなれば建てたい家のアウトラインがほぼ把握できているでしょうから、標準仕様についても確認しておいたほうがいいと思います。そうは言っても、とくに構造体など、こんな規格の材料を使ってこんな工事をしますなんて言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。ですから、内容についてはさておき、メーカーを選ぶ時は標準仕様がきちんと定められているのかどうかをまず確認することです。そのへんがあいまいなメーカーはパスしたほうがいい。なぜなら、使う材料や仕上げ、設備などによって見積りの額が決まるのに、標準仕様がはっきりしていないようでは坪単価だって出ないはずですよね。勘ぐれば、材料や仕上げのグレードを調整してつじつまを合わせることだってできてしまうわけです。仕様書のコピーをもらって、確認してください。もうひとつ、面倒なのは標準仕様とオプションの二者択一方式です。標準仕様というのは、本来はそれだけですぐにでも住めることを前提に設定されているはずなのですが、なかなかそうはいきません。価格が安いということは当然、グレードも低いものにならざるを得ません。また、何を標準仕様に含めるかもメーカーによってまちまちですから、いきおい、値が張るものはオプションにして坪単価を上げないようにしようということになります。

最新コラム!2015年5月

平成27年5月1日新着!
贈与契約に基づく移転
2015-05-01更新の日記image
贈与税の申告は、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに行わなければなりません。いつ贈与を受けたかによって、申告年分が違ってくるわけです。口頭による贈与契約の場合、取り消しが可能であるため、契約の履行が
平成27年5月2日PICKUP
居住用の課税関係
2015-05-02更新の日記image
与債務が消えるわけなので、不動産を売却して金銭的利益を得たと同様だと解釈され、譲渡所得が発生したとみなされるのです。ただし、財産分与した土地や家屋が居住用の課税関係は生じない 譲渡所得が発生 譲渡所得が発生ただ
平成27年5月3日更新
金銭による納付
2015-05-03更新の日記image
遺贈によって受け取った財産については贈与税は課税されません。その代わり、相続税の税額計算に基づいて算出した額を税務署に納めることになります。したがって、遺贈財産も相続財産に含めて相続税総額を計算します。こうして
平成27年5月4日最新情報
値上がりが期待される物件
2015-05-04更新の日記image
一般的に贈与よりも相続のほうが税金が安くすむと考えられています。たしかにそうなのですが、利益が生じる物件とか、将来相当な値上がりが期待される物件、収用等が予想される物件等については、相続を待たずに早めに贈与した
平成27年5月5日NEWS
所有する財産
2015-05-05更新の日記image
続人が所有する財産の内容やその分配のしかたによって異なりますので、1概にいうことはできません。ですが、所有財産全部を贈与する場合と、所有財産全部を相続財産とする場合で比べれば、税率の低い相続税の適用を選んだほう
平成27年5月6日新着!
借地借家法の制約
2015-05-06更新の日記image
地代のデータがほとんど整備されていないし、旧借地法の関連で宅地の新規賃貸がほとんど行われなかったから、これまで宅地地代についての実証的な研究は、皆無に等しい状態にあるのではないか。したがって、ここでは、継続地代
平成27年5月7日PICKUP
経済諸指標の動向について
2015-05-07更新の日記image
土地を貸し付ける場合には、金融資産利回りの影響、及び、国内的のみならず国際的な地主間の競争の下で地代が決まることに留意しなければならない。ところで、差額地代の第一形態、第二形態は、同一時点の各用途的地域間及三第
平成27年5月8日更新
関連指標の変動
2015-05-08更新の日記image
東京と大阪の公示価格は、県民分配所得及び標準建築費指数より倍率が高いが、名目GDP、純付加価値及び人、税控除後純付加価値よりも倍率が横這いないし下落してきている。東京と大阪の地代及び実質賃料は、固定資産税課税標
平成27年5月9日最新情報
賃料の変動率
2015-05-09更新の日記image
実質賃料の変動率と県民分配所得の変動率との関係を見ると、両者は、若干のタイムラグを除いてほぽ比例的であること、バブル景気時に後者の東京分が1989年に一つの大きい山を作っているのに対して、大阪分が同89年と同9
平成27年5月10日NEWS
商業地地代の変動率
2015-05-10更新の日記image
商業地地代の変動率が相対的に安定的なのに対して、名目GDPは、これに一番近い動きを示すと同時に最近には右下がりであり、長期プライムレートは、商業地地代の変動率と比例的である。純付加価値とその内訳としての人、税控
平成27年5月11日新着!
少しずつ間仕切りをしていく
2015-05-11更新の日記image
ラーメン構造の建物なら、住戸内の間仕切り壁は、すべて撤去できます。床・壁・天井の内装、内部配管、電気配線もすべて撤去。そのうえで新しい設計に合わせて、住空問をつくりあげることができるのです。同時に、配管と配線も
平成27年5月12日PICKUP
標準的な設備や材料
2015-05-12更新の日記image
リフォームするときには、あらかじめ費用がわからないと不安です。スケルトンリフォームは人がかりな工事になるだけに、費用をきちんと把握して取り組みたいもの。通常は、リフォームする江戸の現状をリフォーム会社に見てもら
平成27年5月13日更新
不動産会社の系列
2015-05-13更新の日記image
予算をにらみあわせながら、慎重に取り組みましょう。リフォーム会社といっても専業ばかりでなく、建設と兼業していたり、設備に事の会社であったり、不動産会社の系列だったり、といろいろです。多くのリフォーム会社は、総合
平成27年5月14日最新情報
住宅リフォーム推進協議会
2015-05-14更新の日記image
所在地や工事内容、業種などから会社の検索ができます。また、このサイトに掲載されている会社は、住宅リフォーム推進協議会の「倫理憲章」に同意している会社です。リフォーム会社を選ぶ前にまずやっておきたいのが、自分がど
平成27年5月15日NEWS
物件について
2015-05-15更新の日記image
建物についてはマンションの構造、専有面積、所在地。これから住む中古マンションであること、どのようなリフォームをしたいのか、いつまでにしたいのかなど。気になる費用については、リフォーム会社としても住戸の状況を見て
平成27年5月16日新着!
見積もり依頼する
2015-05-16更新の日記image
引き渡し後ならゆっくり調べることができます。見積もりは一社だけしかとらない場合は、比較検討ができません。すごく信頼できる会社があればそれでもよいのですが、迷っている場合は、複数の会社から見積もりをとりましょう。
平成27年5月17日PICKUP
設計内容
2015-05-17更新の日記image
取引先との関係で安く入るケースがあるからです。その場合はおトクですね。設計内容も比べることが大切。問取りを変える場合とそうでない場合では、かなり費用が違うはずです。また、収納スペースがきちんと設けられているかど
平成27年5月18日更新
自社商品の宣伝
2015-05-18更新の日記image
ショールームは販売をするところではないので、あまり質問をして買う羽目になったら、などという心配は無用です。係貝としては自社商品の宣伝になるので、どんなことでも1生懸命説明してくれるはずです。化戸の図面を持って行
平成27年5月19日最新情報
費用の確認
2015-05-19更新の日記image
騒音だけでなく、塗装をかけるときにはニオイもします。大きな機器を運び入れるときには、エレベーターを使いますし、廊下に1時資材を置くことがあるかもしれません。それらも近隣にとっては迷惑となります。可能ならリフォー
平成27年5月20日NEWS
内装の仕上がりぐあい
2015-05-20更新の日記image
住みながらの場合は、工事の内容によって、今日はキッチンが使えない、トイレが使えないといった事態が発生します。工程表をもらっておき、いつどういう工事が行われるのかを頭に入れておきましょう。よく心配することの1つが
平成27年5月21日新着!
銭納付の例外
2015-05-21更新の日記image
金銭をもって1時に納付することが原則となっています。納税は、相続または遺贈により財産を取得した者がそれぞれ個別に行うのが原則ですが、負担の公平や相続税債権確保の見地から「連帯納付の義務」が課せられています。すな
平成27年5月22日PICKUP
物納できる財産
2015-05-22更新の日記image
物納できる財産は、納付すべき相続税の課税価格計算の基礎となった相続財産のうち、次表に掲げる財産で、その所在が日本国内にあるものに限られます。物納に充てることができる財産が2種類以上ある場合には、上表のような順位
平成27年5月23日更新
譲渡所得税・住民税
2015-05-23更新の日記image
物納した場合には譲渡所得税・住民税は課税されません。相続により取得した土地等を譲渡した場合と物納した場合との税負担のバランス調整を図るため、平成5年度の税制改正において、相続財産に係る譲渡所得の課税の特例が改正
平成27年5月24日最新情報
価評価額を下まわる現象
2015-05-24更新の日記image
平成4年1月1日から路線価が公示価格の7割程度から8割程度に引き上げられた結果、実勢価格が相続時の路線価評価額を下まわるという現象が現れました。このような状況においては、相続時の路線価評価額で収納してくれ、しか
平成27年5月25日NEWS
評価減適用後の金額
2015-05-25更新の日記image
国税局長が定める借地権割合が7割だとすると、収納価額は、小規模宅地の評価減適用後の金額1,000万円からさらにその7割部分を控除した300万円にすぎないこととなるので、売却した場合との比較を十分に行うべきです。
平成27年5月26日新着!
相続税額との差額について
2015-05-26更新の日記image
物納の撤回物納の許可を受けた後、物納でなく金銭1時納付又は延納の方法によりたい場合には、物納の撤回となります。物納の撤回は、物納財産力噴借権等の設定されている土地、家屋に限られます。また物納の撤回期間も物納の許
平成27年5月27日PICKUP
相続税額の取得費
2015-05-27更新の日記image
物納は国に対する資産の譲渡であるので、譲渡所得税額の計算上、軽減税率が適用されます。譲渡した土地の所有期間が5年以下であれば短期譲渡所得となり、通常最低所得税40%、住民税12%が課税されるところ、所得税20%
平成27年5月28日更新
定時株主総会の承認
2015-05-28更新の日記image
相続により取得した株式を譲渡した場合の取得費加算の特例適用により申告分離課税のほうが有利になるときもあります。源泉分離課税は相対取引の場合は適用できませんから、市場で売却しなければなりません。有限会社は同時に市
平成27年5月29日最新情報
株式の適当な売却先
2015-05-29更新の日記image
相続した株式の適当な売却先がなく納付資金の調達力すぐにできない場合は、延納の許可を受け分割納付します。不動産や特定同族会社の株式が50%未満の場合は、延納期間は最長5年、延納税額が50万円以上又は延納期間が3年
平成27年5月30日NEWS
実勢価額による評価
2015-05-30更新の日記image
資産の中に土地又は上場有価証券がある場合には実勢価額により評価します。相続財産のほとんどが非上場株式であり、かつ、それ以外に物納に充てるべき財産がないと認められるときは、当該株式の物納が認められる可能性がありま
平成27年5月31日新着!
住宅ローンや諸費用
2015-05-31更新の日記image
私たち家族は賃貸マンション暮らし。このまま家賃を払い続けるのももったいないし、そろそろ家が欲しいな、って考えています。でも、マンションがいいのか、一戸建てがいいのか、それすらも決まっていない状態…。お金のことも

このページの先頭へ