トップ > 平成27年9月> 28日

この街にも注目!

2015年9月28日「月曜日」更新の日記

2015-09-28の日記のIMAGE
「山手線」というだけで、「家賃が高いからムリ」と、ハナからあきらめてしまう人も多いが、実際は、都心でも街によっては安い物件があり、十分快適な賃貸ライフを送ることが可能なのだ。山手線沿線で、安い物件を見つけやすい街を紹介してみよう。【巣鴨】巣鴨は、とげぬき地蔵で知られる「おばあちゃんの原宿」とも呼ばれる街だ。確かに地蔵通り商店街のお年寄りの比率は高い。しかし、その商店街もよく見てみると、100円ショップが2軒営業中だったり、500円で定食が食べられる大衆食堂が何軒もあったりと、物価の面では期待できる。駅前には大型スーパーも2軒あるので、買い物はオーケー。池袋には5分で出られるし、地下鉄都営三田線と都電荒川線の駅もある。物件の相場は、ワンルーム、1Kともに7万円をみておけばいい。【大塚】巣鴨を走る都電荒川線の駅がある大塚。山手線沿線ではやや地味な印象がある池袋-上野間だが、住むのにはいい街がある地域だ。JR大塚駅から歩いて7分ほどで地下鉄丸ノ内線の新大塚駅があるので、銀座にも17分で行ける。家賃の相場は巣鴨とほぼ同じ。【目白】新宿、高田馬場、池袋という3大ターミナル駅の中間にある。新宿までは山手線で10分、高田馬場、池袋まで2分。池袋と高田馬場には徒歩10分圏内にある。周辺に学習院大学キャンパス、おとめ山公園、鬼子母神など緑も多い。部屋は下落合、雑司ヶ谷も含んだエリアで探すといい。相場は1Kで7万円弱。

このページの先頭へ