平成27年10月最新記事PICKUP!

標準仕様かオプションか
メーカー住宅の場合、構造体はもちろん設備や内外装に関してはどんな材料を使ってどんな材料を使ってどんな仕上げにするのかなど、標準仕様がきちんと定められているはずです。見積りを依頼する段階ともなれば建てたい家のアウトラインがほぼ把握できているでしょうから、標準仕様についても確認しておいたほうがいいと思います。そうは言っても、とくに構造体など、こんな規格の材料を使ってこんな工事をしますなんて言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。ですから、内容についてはさておき、メーカーを選ぶ時は標準仕様がきちんと定められているのかどうかをまず確認することです。そのへんがあいまいなメーカーはパスしたほうがいい。なぜなら、使う材料や仕上げ、設備などによって見積りの額が決まるのに、標準仕様がはっきりしていないようでは坪単価だって出ないはずですよね。勘ぐれば、材料や仕上げのグレードを調整してつじつまを合わせることだってできてしまうわけです。仕様書のコピーをもらって、確認してください。もうひとつ、面倒なのは標準仕様とオプションの二者択一方式です。標準仕様というのは、本来はそれだけですぐにでも住めることを前提に設定されているはずなのですが、なかなかそうはいきません。価格が安いということは当然、グレードも低いものにならざるを得ません。また、何を標準仕様に含めるかもメーカーによってまちまちですから、いきおい、値が張るものはオプションにして坪単価を上げないようにしようということになります。

最新コラム!2015年10月

平成27年10月1日新着!
設計事務所主導の建築のメリット・デメリット
2015-10-01更新の日記image
メリット ・独自性を出した設計ができる ・画一性が避けられる ・土地の形状に合わせた建物が建てやすい ・最新の設備を導入できる ・時代を先取りした家を建てられる デメリット ・費用が少し高くなる
平成27年10月2日PICKUP
平面図を考える時のポイント
2015-10-02更新の日記image
 限られたスペースの中でどういう間取りにするかということになると、家族がお互いに部屋 のスペースの奪い合いになりがちだが、最終的には全体のバランスを考えて設計するべきだ。  そこで、設計には、平面図と立面図
平成27年10月3日更新
不動産売買の流れと基礎知識
2015-10-03更新の日記image
■情報不足は契約トラブルのもとだ 不動産の売買をする際に、一番大切なことは、物件そのものの選別ということもあるが、そ の前に「契約の流れ」をよく知っておくことである。一般の人は物件ばかりに目を奪われて、不
平成27年10月4日最新情報
おいしい話にはとくに注意
2015-10-04更新の日記image
選び方の基本を述べておこう。マンションにするか一戸建てにするか、さらに中 古か新築か、そして注文住宅かといった問題は後で詳しく述べる。まずは、どのような住宅を 選ぶにしても、共迦する一定の条件というものがあ
平成27年10月5日NEWS
業者と契約を交わす
2015-10-05更新の日記image
■媒介契約には3つの方法がある 不動産の売りの場合でも買いの場合でも、契約の際には業者が仲介に入る「媒介契約」を交わ すことになっている。これは不動産業の法律で決められている。そして、すでに買いや売りが決ま
平成27年10月6日新着!
専任媒介契約
2015-10-06更新の日記image
一社にのみ不動産の売買の仲介を依頼するというもので、ここまでは先に述べた 専属専任媒介契約と同じであるが、違うのは自己発見も同時に行なってもよいということだ。 期間は3か月が原則で、新たに延長もできる。その
平成27年10月7日PICKUP
一般媒介契約
2015-10-07更新の日記image
何社かの業者に対して、売買を同時に依頼することができるものである。 手数料の関係は「早い者勝ち」になる。商談を先に進めた業者が専任媒介と同じような報酬がもらえるので、専任媒介のときよりも急いで行なうようになる
平成27年10月8日更新
物件の重要事項とは
2015-10-08更新の日記image
重要事項とは、その不動産の存在する場所や物件に関する法令上の制限、支払いやローンに 関する事項、違約金、登記簿に記載された事項などが主な内容になる。 【1】不動産の表示 これは売買する不動産が、法務局の登
平成27年10月9日最新情報
明確な規定
2015-10-09更新の日記image
はっきり言って明確な規定はない。双方の話し合いになることが多いので、もし、手付け金を放棄をするなら、契約後すぐに行なうのが望ましい。 ただし、一般的に次のような例では、契約の履行にあたると考えられる。 【1
平成27年10月10日NEWS
重要事項説明書
2015-10-10更新の日記image
■重要事項の説明は買い主に行なうもので、売り主は関係がない 重要事項説明書には一般の人には理解しずらい専門的なことが書かれているが、売買に関わ る重要なことが記載されている。業者の方はそれを間違いなく、説明
平成27年10月11日新着!
断震住宅という発想もある
2015-10-11更新の日記image
近年、免震住宅の考え方を進化させた住宅として、断震住宅というものがとうじょうしてきました。これは空気の力で基礎から上の部分を持ち上げて、揺れを断つ「エアー断震」というシステムを用いたものです。このシステムは簡単
平成27年10月12日PICKUP
液状化現象や地盤沈下等
2015-10-12更新の日記image
地震による液状化現象や地盤沈下等が予想される土地では、事前の対策として「ハウスバランサー」という装置を事前に設置しておく方法があります。ハウスバランサーとは、簡単に言うと、「傾いた家の基礎にミルクセメントを入れ
平成27年10月13日更新
不動産賃貸による『収入』は『入金』とは異なる
2015-10-13更新の日記image
【家賃の入金が契約どおりでないときは?】 家賃をもらって自分のサイフに入れてしまうと、家の生活費と家賃の入金とがごちゃごちゃになってしまいます。会社組織にしているわけではないので、それをキチンと区別することは
平成27年10月14日最新情報
購入時の価格
2015-10-14更新の日記image
●支出したお金が経費になるわけではありません 「収入」と「入金」が異なるように、「支出」と「経費」も違います。「支出」とは、お金がでていくことですが、「経費」とは、お金がでる、でないに関係なく、不動産賃貸
平成27年10月15日NEWS
不動産経営でも車関係費用を必要経費にできる?
2015-10-15更新の日記image
たとえば、魚屋さんであれば、市場に仕入れに行くのに自動車が必要になります。また、納品や集金の際にも車が必要です。では、不動産賃貸業ではどうでしょうか?これは賃貸の状況により異なります。自宅の隣にマンションや駐車
平成27年10月16日新着!
消費税は「税込み処理」なら経費になります
2015-10-16更新の日記image
帳簿をつける際の会計処理の方法には2つあります。消費税を含めた金額で経理処理するかどうか、つまり「税込み処理」と「税抜き処理」の2つです。減価償却の判定についてです。減価償却の特例というものがあって、購入価格が
平成27年10月17日PICKUP
加入した保険はどの部分を対象にかけたものか?
2015-10-17更新の日記image
●加入した保険はどの部分を対象にかけたものか? 保険には、主に死亡保障などを目的としで”人”にかける「生命保険」と、人が障害になった場合や物件の損書を補償するためにかける「損害保険」とがあります。不動産賃
平成27年10月18日更新
借りた金額を返す分は経費になりません
2015-10-18更新の日記image
銀行から1,000万円を10回で返す契約でお金を借りたとしましょう。借りたときには、預金通帳に1,000万円が入金されますが、それは、あくまでも借りたからであって、同じ入金でも家賃収人とは違いますね。ですから、
平成27年10月19日最新情報
修繕費と資本的支出の代表例は?
2015-10-19更新の日記image
修繕費と資本的支出のどちらで処理するほうがいいか、というと、もちろん支出するかぎりは、一度でその年の経費になったほうがうれしいと思います。でも、どちらで処理するかを勝手に決められるわけではありません。「修繕費」
平成27年10月20日NEWS
修繕費か資産計上
2015-10-20更新の日記image
修繕費か資産計上かわからないときはどうしたらよいのでしょう。たとえば、「屋上の一部が壊れて修繕をした、ついでに全体の防水工事も行なった」というときです。このような場合は、単なる修理ともいえるし、価値を高めた、と
平成27年10月21日新着!
特例が受けられる新築住宅の敷地の条件
2015-10-21更新の日記image
a.自己建築(注文住宅) 土地を先に取得し,その土地の取得後2年以内に住宅を新築した場合のその住宅の敷地 b.借地権者の底地買取り 敷地を借りて住宅を新築した人が,1年以内にその敷地を取得する場合のその敷
平成27年10月22日PICKUP
特例が受けられる中古住宅の敷地の条件
2015-10-22更新の日記image
a.土地付建物の取得 敷地取得後1年以内にその敷地の上にある中古住宅を取得した場合のその敷地(一般的には土地付き中古建物の取得を指します) b.借地権者の底地買取り 借地権付建物を購人した人が,1年以内に
平成27年10月23日更新
特例を受けるには申告が必要
2015-10-23更新の日記image
特定の住宅および住宅の敷地に関する特例を受けるためには,都道府県別の条例で定める期問(その不動産の所在する都道府県に確認して下さい。)に,特例の適用を受ける旨の申告をする必要があります。 1)固定資産課税
平成27年10月24日最新情報
特例を受けるには申告が必要
2015-10-24更新の日記image
特定の住宅および住宅の敷地に関する特例を受けるためには,都道府県別の条例で定める期問(その不動産の所在する都道府県に確認して下さい。)に,特例の適用を受ける旨の申告をする必要があります。 1)固定資産課税台帳
平成27年10月25日NEWS
住宅用地には恩恵あり
2015-10-25更新の日記image
課税標準の特例 住宅の敷地となっている土地については,その敷地の面積に応じて,評価額を軽減する特例措置がありますので,住宅用地は更地などに比べると相当固定資産税が安くなります。 <住宅用地に対する評価額の減
平成27年10月26日新着!
新築の税金は安い
2015-10-26更新の日記image
次の要件に該当する新築住宅については,一般住宅については3年間,中高層耐火建築物(3階建以上のもの)については5年問,固定資産税が2分の1に減額されます。なおこの特例は住宅に関する特例であるため,マイホームであ
平成27年10月27日PICKUP
固定資産税は自分では計算しない
2015-10-27更新の日記image
固定資産税の納税額は自分で計算するのではなく,不動産の所在地の各市町村が計算を行い,各市町村により計算された税額が納税通知書に記載されて不動産の所有者に送付されてきます(通常は4月に送付)。納税通知書に記載され
平成27年10月28日更新
住みよい街作りのための都市計画都市計画税
2015-10-28更新の日記image
総合的な都市作りのために行われる都市計画事業や土地区画整理事業などの費用にあてるために設けられた税金です。したがって,不動産を都市計画区域内に所有していると,固定資産税と同様毎年都市計画税が課税されることになり
平成27年10月29日最新情報
ローンの負担を少しでも軽く
2015-10-29更新の日記image
◆住宅取得控除制度◆ (1)住宅ローンで税金が安くなる 住宅収得特別控除とは,借入金により一定の要件に該当する住宅を購入し,これを購人後6ヵ月以内に自己の居住の用に供した人について,その居住した年以後6年間
平成27年10月30日NEWS
賃貸用住宅はダメです(住宅取得特別控除)
2015-10-30更新の日記image
住宅取得特別控除の対象となる住宅等は「新築住宅」,「中古住宅」,「家屋の増改築等」の三つに分かれますが,住宅取得特別控除の適用は,いずれの場合も「自己の居住の用に供する家屋」(自宅)に限定されているため,賃貸用
平成27年10月31日新着!
特例は建物しか受けられない
2015-10-31更新の日記image
住宅取得資金の特別控除は,建物(増改築等を含む。)に関する借入金を対象としておりますので,土地は対象となりません。建売住宅やマンションなどのように土地・建物を一括取得したため,土地と建物の金額区分がはっきりしな

このページの先頭へ