平成27年11月最新記事PICKUP!

標準仕様かオプションか
メーカー住宅の場合、構造体はもちろん設備や内外装に関してはどんな材料を使ってどんな材料を使ってどんな仕上げにするのかなど、標準仕様がきちんと定められているはずです。見積りを依頼する段階ともなれば建てたい家のアウトラインがほぼ把握できているでしょうから、標準仕様についても確認しておいたほうがいいと思います。そうは言っても、とくに構造体など、こんな規格の材料を使ってこんな工事をしますなんて言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。ですから、内容についてはさておき、メーカーを選ぶ時は標準仕様がきちんと定められているのかどうかをまず確認することです。そのへんがあいまいなメーカーはパスしたほうがいい。なぜなら、使う材料や仕上げ、設備などによって見積りの額が決まるのに、標準仕様がはっきりしていないようでは坪単価だって出ないはずですよね。勘ぐれば、材料や仕上げのグレードを調整してつじつまを合わせることだってできてしまうわけです。仕様書のコピーをもらって、確認してください。もうひとつ、面倒なのは標準仕様とオプションの二者択一方式です。標準仕様というのは、本来はそれだけですぐにでも住めることを前提に設定されているはずなのですが、なかなかそうはいきません。価格が安いということは当然、グレードも低いものにならざるを得ません。また、何を標準仕様に含めるかもメーカーによってまちまちですから、いきおい、値が張るものはオプションにして坪単価を上げないようにしようということになります。

最新コラム!2015年11月

平成27年11月1日新着!
引渡し後のトラブルにも一万円で調停を依頼できる
2015-11-01更新の日記image
性能表示制度を行なうには、第三者機関の専門家の評価を受ける必要があるので、二戸当たり10万円から20万円程度の費用がかかります。 分譲物件の場合には、分譲会社が性能評価を行なうかどうかを決め、行なう場合には価
平成27年11月2日PICKUP
建設住宅性能評価書交付住宅は、10戸に1戸以下
2015-11-02更新の日記image
住宅性能表示制度を利用している物件は、全体から見ればまだまだ少数派です。 2004年度の実績を見ると、設計住宅性能評価書の交付を受けている住宅が約16万戸で、建設住宅性能評価書交付住宅は約11万戸にとどまって
平成27年11月3日更新
化学物質の規制や二四時間換気装置設置が義務に
2015-11-03更新の日記image
最近の新築住宅の広告では、「24時間換気装置付き」「万全のシックハウス対策」といったキャッチフレーズを目にすることが少なくありません。 ひところ、新築住宅におけるシックハウスが随分と話題になりましたから、これ
平成27年11月4日最新情報
注文住宅とどこがどう違っているのか
2015-11-04更新の日記image
ここまでは、自分の土地に注文住宅を建てる場合を中心に見てきましたが、一戸建てを手に入れる方法としては、建売住宅や中古一戸建てを購入する手もあります。 洋服にたとえれば、注文住宅はオーダーメードで、建売住宅は既
平成27年11月5日NEWS
開発規模によるメリットとデメリットを知っておこう
2015-11-05更新の日記image
建売住宅は開発規模によって、さまざまな面で違いがあります。 一般的には、郊外部を中心にした数百戸規模以上の大規模開発、その内側を中心とする数10戸から200戸程度の中規模開発、都心部やその周辺を中心とする数戸
平成27年11月6日新着!
「都市型一戸建て」に押されて分譲は抑制気味  
2015-11-06更新の日記image
ニュータウン型の大規模物件は、長らくわが国の建売住宅の主役の座を保持してきました。 バブル崩壊以前は、ある程度ゆとりのある一戸建てを手に入れるためには、通勤時間1時間半、2時間程度かかるのは仕方がない、それで
平成27年11月7日PICKUP
ミニ・ニュータウン的な街並みの揃った物件も  
2015-11-07更新の日記image
これまでの主役だった大規模開発物件に代わって、最近の建売住宅の主役となっているのが「都市型一戸建て」です。 大規模開発物件に比べて比較的便利な場所で供給される小規模開発、中規模開発物件の総称です。 最近は、
平成27年11月8日更新
いち早く情報を入手する態勢を確立しておく
2015-11-08更新の日記image
都市型一戸建ては、大規模開発の二ユータウンと違って、雑誌や新聞などを使って大々的に宣伝することは少なく、情報の入手方法が違ってきます。 100戸、200戸単位の規模の大きい物件だと比較的情報をつかみやすいので
平成27年11月9日最新情報
立地や環境など自分たちでは変えられない部分をチェックする
2015-11-09更新の日記image
建売住宅を選ぶときには、どうしても建物の外観や間取りプラン、設備・仕様などに目が向きがちです。 もちろん、それらも大切なポイントですが、実はその前にチェックしておくべき大切なポイントがあります。 それは、住
平成27年11月10日NEWS
立地・環境は、曜日や天気、時刻を変えて念入りに
2015-11-10更新の日記image
変えられない部分のチェックポイントとして、まずは立地・環境面を見てみましょう。 第一に、通勤・通学の便があります。不動産広告などに都心までの所要時間などが出ていますが、それを鵜呑みにするのではなく、実際に通勤
平成27年11月11日新着!
『ノー・リスク、ノー・マネジメント』
2015-11-11更新の日記image
日本経済の活性化の手段の一つとして、不確実性のもとでの企業の有効な意思決定をもたらすリアルオプションが注目されてきた。例えば、経済産業省産業資金課では、2001年の研究テーマがリアルオプションであった。私も第3
平成27年11月12日PICKUP
企業の天候リスクと中長期予報の活用に関する調査
2015-11-12更新の日記image
気象庁と経済産業省がいっしょに行った研究会の報告書『企業の天候リスクと中長期予報の活用に関する調査』のなかでは企業のビジネスと気象現象の関係を研究し、気象リスクについて金融的なリスク移転の仕組み(派生商品や証券
平成27年11月13日更新
リアルオプション
2015-11-13更新の日記image
リアルオプションは、組織的な意思決定を要求される株式上場会社には必要な思考法であり、株主に対して客観的な説明責任を果たしうる合理的な分析法を与える。潮流的進化としての経済のグローバル化や技術革新は、「時間と空間
平成27年11月14日最新情報
No_Risk、No_Management
2015-11-14更新の日記image
標語的にいえば、『No_Risk、No_Management。』である。実際、かりにまったく不確実性がなかったとしたら、経営は要らないし、どこに一番利益があるかがわかるし、結果的には競争によって利益はなくなるで
平成27年11月15日NEWS
技術、リスク、不動産の事業横断性
2015-11-15更新の日記image
・技術、リスク、不動産の事業横断性。不動産を経営資源と見るとき、他の資源である労働やIT技術などと共通に、企業全休の事業にかかわるという、”事業横断性”という特徴を持っている。労働は、人事部に代表されるように
平成27年11月16日新着!
不動産経営マネジャーの必要性
2015-11-16更新の日記image
不動産の場合、資産の価値が大きく減少しているにもかかわらず、それに対応する積極的な経営はなされてこなかった。不動産とは、事業横断的な経営資源であり、企業が自らの事業との関係を理解して不動産の機能を認識し、企業不
平成27年11月17日PICKUP
保有資産の評価とその管理は重要なテーマである
2015-11-17更新の日記image
不動産に関わる企業の経営では、おのおのの企業において自らのビジネスモデルに対応した不動産の機能を十分理解して。コスト合理性、リスク合理性、あるいは組織合理性を追求し、競争優位性を確保していくのも経営者の役割であ
平成27年11月18日更新
『リアルオプションと金融オプション』
2015-11-18更新の日記image
リアルオプションの基礎を説明する。
念のためリアルオプションの定義を復習しておこう。
リアルオプションの意味は2つある。
一つは、狭義の意味で、企業の事業や家計のライフサイクルの意思決定問題に
平成27年11月19日最新情報
契約のもとでのリアルオプション
2015-11-19更新の日記image
契約で用いられるオプションの例としては、取引先や顧客との関係で、リスクをコントロールしたり、売上げを促進するために、契約上明示的に定義する選択肢であるので、実際に契約のなかで定義された選択肢の事象が起きたときに
平成27年11月20日NEWS
コールオプションとフットオプション
2015-11-20更新の日記image
ここで、契約に基づく金融オプションの代表的なものである、ヨーロピアンコールとヨーロピアンプットについて復習しておこう。
実は、この金融オプションの考え方と評価法が、リアルオプションでも利用されている。
平成27年11月21日新着!
コールオプションの価値はゼロである
2015-11-21更新の日記image
もし700円以下の値、例えば600円の値に実現したとすると、市場ではその株を600円で購入できるのであるから、わざわざコールの権利を行使して700円で購入することはしない。
そのときのコールオプションの価
平成27年11月22日PICKUP
ブラック=ショールズ
2015-11-22更新の日記image
ブラック=ショールズは、この価値の評価理論を構築した。
それが図の点線にあたる。
そのブラック=ショールズの理論は、最終時点のペイオフを完全複製することで、「金利一定、株価が幾何ブラウン運動(対数正
平成27年11月23日更新
フット
2015-11-23更新の日記image
他方、フットを購入した人は、行使価格が670円であるので、権利を行使して自分の保有している株を、または相手に渡すために市場で日立製作所の株を750円で買い、670円で売ると『750‐670×80(円)』の損とな
平成27年11月24日最新情報
パテント(特許)の価値評価
2015-11-24更新の日記image
特許の価値評価の場合には、特許の有効期間の間、権利が独占的(専有的)なので、その評価法として金融オプションの枠組みが利用されている。
パテントに関するオプションのように、オプション(選択肢)が単独に与えら
平成27年11月25日NEWS
PLーX
2015-11-25更新の日記image
日本に進出した特許市場を作ることに意欲を持つPLーXでは、専門性に基づいて、考察の対象となっている特許技術の価値プロセスを、いくつかの似た技術を持つベンチャー企業の株価の加重平均で近似する、という。
その
平成27年11月26日新着!
複合オプション
2015-11-26更新の日記image
例えば、医薬品の開発のように、研究段階から実験段階、開発段階、販売へという経路をたどるなかで、前段階の結果がよかったら次の段階に行くオプションを行使するという、段階的なオプションの合成からなる。
この連結
平成27年11月27日PICKUP
リアルオプションの3つのアプローチ
2015-11-27更新の日記image
リアルオプションを実際の経営意思決定問題に応用して、オプションの価値評価法に関わるときには次の3つのアプローチがある。
①金融工学のオプション理論のなかに問題を埋め込むアプローチ。
②最適化理論とし
平成27年11月28日更新
リアルオプション
2015-11-28更新の日記image
リアルオプションは、不確実性から企業の価値創造を狙う経営思考法であり、その具体的な技術はマネジメントテクノロジーとして位置付けられるものである。
その意味では、新しい「不確実性のもとでの経営思考技術」であ
平成27年11月29日最新情報
企業価値創造とリアルオプション
2015-11-29更新の日記image
企業経営は、企業ミッションの認識とそれに対応した企業ビジョン(企業価値に対する価値観)のもとで、事業についての基本ビジネスモデルを確認する必要がある。
そして、それを実行する意思決定の枠組みを確認し、企業
平成27年11月30日NEWS
『企業経営とリアルオプション』
2015-11-30更新の日記image
企業価値とは、与えられている資産と人的資源、技術を用いて得られる、将来のキャッシュフローの現在価値としての収益還元価値である。
シンボリックに表現すれば、企業とは価値創造関数=F(経営、技術、人的資本、有

このページの先頭へ