トップ > 平成28年1月> 27日

『J−REITによる物件取得が急増』

2016年1月27日「水曜日」更新の日記

2016-01-27の日記のIMAGE
 オフィスやマンション市場よりも顕著な回復がみられるのが、不動産投資マーケットである。その代表格であるJ−REIT(不動産投資信託)による物件取得は、増加の一途をたどっている。2009年のJ−REITによる物件取得額は、2470億円に過ぎなかった。それが2010年には5440億円、11年には7140億円、12年には7880億円と着実に増加している。  さらに、2013年に入り、不動産価格が急浮上するとみたJ−REITは、物件取得を激増させている。2013年1月の物件取得額は6530億円に達し、たった1ヵ月間(実働日数20日程度)にもかかわらず、2012年の1年分の売買の80%余りを達成している。  ちなみに、現状(2013年6月末時点)の物件取得額では1兆4980億円にまで達しており、07年に記録した過去2番目の1兆4670億円の取得額をすでに上回っている。このペースで行けば、過去最高の物件取得を達成した2006年の1兆9520億円を大きく更新する可能性が高いだろう。

このページの先頭へ