平成28年3月最新記事PICKUP!

標準仕様かオプションか
メーカー住宅の場合、構造体はもちろん設備や内外装に関してはどんな材料を使ってどんな材料を使ってどんな仕上げにするのかなど、標準仕様がきちんと定められているはずです。見積りを依頼する段階ともなれば建てたい家のアウトラインがほぼ把握できているでしょうから、標準仕様についても確認しておいたほうがいいと思います。そうは言っても、とくに構造体など、こんな規格の材料を使ってこんな工事をしますなんて言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。ですから、内容についてはさておき、メーカーを選ぶ時は標準仕様がきちんと定められているのかどうかをまず確認することです。そのへんがあいまいなメーカーはパスしたほうがいい。なぜなら、使う材料や仕上げ、設備などによって見積りの額が決まるのに、標準仕様がはっきりしていないようでは坪単価だって出ないはずですよね。勘ぐれば、材料や仕上げのグレードを調整してつじつまを合わせることだってできてしまうわけです。仕様書のコピーをもらって、確認してください。もうひとつ、面倒なのは標準仕様とオプションの二者択一方式です。標準仕様というのは、本来はそれだけですぐにでも住めることを前提に設定されているはずなのですが、なかなかそうはいきません。価格が安いということは当然、グレードも低いものにならざるを得ません。また、何を標準仕様に含めるかもメーカーによってまちまちですから、いきおい、値が張るものはオプションにして坪単価を上げないようにしようということになります。

最新コラム!2016年3月

平成28年3月5日新着!
融資の面
2016-03-05更新の日記image
条件を考慮した上で、紹介させていただいた物件の中から、自宅近くの東京都中央区の築七年のワンルームマンションを購入いただきました。専有面積は二四㎡、価格は一四六〇万円。毎月の家賃収入は八万五五〇〇円でしたが、家賃
平成28年3月6日PICKUP
要望をすべて満たす物件はない
2016-03-06更新の日記image
「要望をすべて満たす物件はない」  自己資金や融資など資金面のことも不動産投資では非常に重要になります。その辺はいろいろなところで言われていますし、「投資」ですから当たり前の話ですね。  現実に不動産を
平成28年3月7日更新
物件を購入できる可能性
2016-03-07更新の日記image
ご要望のレベルやポイントが人によって異なりますし、条件がそれほど多くない方であれば、その条件を一〇〇%満たす物件があることもあります。  しかし、不動産投資について知れば知るほど様々な面で要望となる条件が増え
平成28年3月8日最新情報
すばやい決断で一棟物件を購入
2016-03-08更新の日記image
【Eさんの例―「すばやい決断で一棟物件を購入」】  Eさんは有名企業のサラリーマンの方です。年収は八〇〇万円で自己資金は一二〇〇万円を準備されていました。  相談内容としては、これまで株などで投資をして
平成28年3月9日NEWS
不動産投資用のローン
2016-03-09更新の日記image
住宅用のローンを積極的に貸し出す金融機関はたくさんありますが、不動産投資用のローンを積極的に行う金融機関は限られています。Eさんは相談時にご希望の不動産を購入するための投資用ローンを利用できる属性を持っていたた
平成28年3月10日新着!
リフォームの基本は壁
2016-03-10更新の日記image
「原状回復」や「リフォーム」と聞いて、皆さんがまず思い浮かべるのが、壁のクロスの貼り替えではないでしょうか。実際、2005年に賃貸住宅新聞社が行ったアンケートによると、「ガイドライン」発表後に、原状回復費用の中
平成28年3月11日PICKUP
設備概要
2016-03-11更新の日記image
営業マンはこうもいう。
「表記上の面積にMB面積を含んではならないという法律はありませんから、各不動産会社の姿勢次第なわけです」
 姿勢は不動産会社によって異なるわけだから、購入者がきち
平成28年3月12日更新
法人よりも個人の情報
2016-03-12更新の日記image
法人より個人の方が豊富に情報を持っていることも近年の特徴です。不動産会社に行くと、「最近はお客さんの方が物件をよく知ってるんだよね」という言葉を聞くことがあります。たとえば、紹介したAという物件では条件が合わな
平成28年3月13日最新情報
「標準管理規約や標準管理委託契約書と比較してみる」
2016-03-13更新の日記image
 法律違反やモレがないようにするために「中高層共同住宅標準管理規約」という標準的な管理規約が、住宅宅地審議会の答申により定められ ています。また、マンションの管理を業者に委託する場合の標準契約書である「中高層
平成28年3月14日NEWS
「イザというときのためにも、管理規約が重要になる」
2016-03-14更新の日記image
 普段は管理規約などあまり見ることもないのですが、総会の決議のしかたによっては法的な問題を生じることもあります。また、駐車場の利用方法やペットの飼育の問題、管理費等の滞納者、暴力団関係者の入居など問題がこじれた
平成28年3月15日新着!
「暗証番号はどのくらいの周期で変更するか」
2016-03-15更新の日記image
 暗証番号の変更周期は安全性からいえば短期間であるほどよいのですが、子供や年配者が混乱する恐れもあることから、1年に1度程度が現実的と思われます。居住者の理解を求めながら実施することが大切です。  盗難とか不
平成28年3月16日PICKUP
【ABSとは】
2016-03-16更新の日記image
証券には企業が発行する普通社債や転換社債と、企業の信用力ではなくキャッシュフローを生み出す資産を拠り所として発行される証券があります。後者を資産担保証券またはABSと呼びます。近時の不動産流動化案件として組成さ
平成28年3月17日更新
会社型投資信託
2016-03-17更新の日記image
今回の改正投信法により「会社型投資信託(投資法人)」、「契約型投資信託(委託者指図型)」、「契約型投資信託(委託者非指図型)」という3種類のスキームを利用してJ-REITが進められることとなります。これらはアメ
平成28年3月18日最新情報
【不動産投資インデックス】
2016-03-18更新の日記image
不動産投資インデックスとは、不動産投資における標準的な収益性を示す指標で、投資家が意思決定を行ううえでの判断材料として用いられます。具体的には、ハードルーレートの設定、株式・社債等の他の金融資産との比較、ポート
平成28年3月19日NEWS
安定した仕事
2016-03-19更新の日記image
住宅のあり方は、暮らしの特定時点に影響するだけではなく、その軌道の全体を左右する。人生の「かたち」を描くうえで、若年期に暮らしの「梯子」に円滑に入るかどうかは重要な意味をもつ。しかし、若い世代では「梯子」の最初
平成28年3月20日新着!
年齢の高い配偶者
2016-03-20更新の日記image
女性は本人よりも年齢の高い配偶者をもつ場合が多く、それを反映して、同年齢のグループでは男性よりも女性の持家率が高くなる。世帯形成者では、世帯内単身者と単身者に比べて、より若い時期に公的借家(公営借家と公団・公社
平成28年3月21日PICKUP
【住まいの意義】
2016-03-21更新の日記image
住宅のあり方はそれ自体が大切であるだけではなく、個人と世帯の暮らし、そして社会全体の状態に強く影響する点において重要な意義をもつ。若年層の暮らしの困窮に対する注目は前世紀の末から強まった。しかし、関心を集めるの
平成28年3月22日更新
【参加型ライトコレクティブ住宅の社会人男性と女性の一対三の生活】
2016-03-22更新の日記image
この事例は、本郷東大の赤門から徒歩五分以内にある新築型ライトコレクティブ住宅である。建物の地下一階と地上一階には大家が住んでおり、地上二土二階に四人の社会人男女が賃貸シェアをしている。建設前の段階で、筆者の研究
平成28年3月23日最新情報
【N社のビジネスモデルとは】
2016-03-23更新の日記image
N社を設立してから、ちょうど一年後の平成十四(二〇〇二)年九月、H氏は「不動産共同購入マッチングシステム」のビジネスモデル特許を出願した。この特許は、いまも変わらずN社のビジネスモデルの原点となり、同社の事業の
平成28年3月24日NEWS
『あなたにとって良い住宅とはどういう住宅ですか』
2016-03-24更新の日記image
『あなたにとって良い住宅とはどういう住宅ですか』この質問に直ちに詳しく答えられた方は、ほとんどいないと思います。たいていは、「今より広い家」とか「今より勤め先に近い家」などという答えが浮かんだのではないでしょう
平成28年3月25日新着!
若年層が少ないのが課題
2016-03-25更新の日記image
ピーク時には685万人だった建設業就業者数は、503万人と3割近く減少しました。特に技能工・建設作業者は130万人も減少しています。わけても3分のIが55歳以上と、若年層が少ないのが課題です。震災復興需要にアベ
平成28年3月26日PICKUP
地価の高い所に建つ新築マンション
2016-03-26更新の日記image
地価の高い所に建つ新築マンションで、価格7000万円の場合、その内訳はざっくりと土地5000万円・建物2000万円です。地価の安い所の新築マンションで3000万円の場合、土地1000万円・建物2000万円と、建
平成28年3月27日更新
不動産屋・大家は疑ってかかれ
2016-03-27更新の日記image
たとえば、実際にこんなことがありました。ある不動産屋の世話で、入居したら、トイレの手洗いのところのパイプから水漏れを起こしていたのです。不動産屋というのは、そういうところをチェックするために仲介手数料を取り、仲
平成28年3月28日最新情報
敷金が返ってくると考えるのは甘い
2016-03-28更新の日記image
初めて不動産業者や、不動産管理会社を訪ねて、自分が希望する物件を探した場合不動産屋のアドバイスに耳を傾けざるをえない場合が多いのではないでしょうか。業者の勧める物件の諸条件の欄に目を通して、敷金や保証金が高いこ
平成28年3月29日NEWS
画期的な構造改革の始まり
2016-03-29更新の日記image
 住宅市場では、これから画期的な構造改革が始まります。中古一戸建ての評価手法を、国が根本的に見直そうとしているのです。これまでのように20年~25年で建物の価値をゼロとみなす慣行を改め、築年数にかかわらず、実際
平成28年3月30日新着!
中古住宅の価値を正当に評価する手法
2016-03-30更新の日記image
 しかるべき中古住宅の価値が正当に評価されるにはどうしたら良いのでしょうか。  不動産仲介の担当者の評価によって不動産価格が変わるのではなく、買主が評価することです。 それはとりも直さず「金融的に評価する」こ
平成28年3月31日PICKUP
誰が評価のコストを負担するのか
2016-03-31更新の日記image
 先日ラウンドテーブルの会合に呼ばれ、不動産市場に関する提言を行ってきました。まずは「中古住宅の金融機関による評価のスキームについて」です。現在、中古住宅に対して融資を行う場合、金融機関は現地確認を行っておらず

このページの先頭へ