トップ > 平成28年3月> 13日

「標準管理規約や標準管理委託契約書と比較してみる」

2016年3月13日「日曜日」更新の日記

2016-03-13の日記のIMAGE
 法律違反やモレがないようにするために「中高層共同住宅標準管理規約」という標準的な管理規約が、住宅宅地審議会の答申により定められ ています。また、マンションの管理を業者に委託する場合の標準契約書である「中高層共同住宅標準管理委託契約書」もありますので、あなたのマンションの規約等と比較してみて問題点があれば、改善を図る必要があります。 今一度、管理組合の立場に立った管理規約になるように見直してみる必要もありますし、管理会社との契約内容についても問題はないか見直してみる必要があります。ただし、必ずしも標準管理規約や標準管理委託契約書が一番いいものという意味ではありません。あくまでこれを標準として、自分たちのマンションにあったよりよいものにしていくことが大切です。  なお、標準管理規約については、長期修繕計画の作成が管理組合の業務として位置づけられるなどの見直しが行なわれ、平成9年に改正されましたので、見直しを考えておられるマンションは、改訂版を入手して検討されるとよいでしょう。

このページの先頭へ