トップ > 平成28年3月> 20日

年齢の高い配偶者

2016年3月20日「日曜日」更新の日記

2016-03-20の日記のIMAGE
女性は本人よりも年齢の高い配偶者をもつ場合が多く、それを反映して、同年齢のグループでは男性よりも女性の持家率が高くなる。世帯形成者では、世帯内単身者と単身者に比べて、より若い時期に公的借家(公営借家と公団・公社の借家)に住んでいるケースが多い。年齢二〇~二四歳では男性の一七%、女性の一六%の住まいが公的借家である。世帯内単身者では親の大半が持家を取得し、公的借家に依拠する度合いが小さい。公営住宅の制度は若い単身者に入居資格を与えず、単身者向けの公団・公社住宅の供給は少量である。これらが要因となって居住類型による公的借家率の違いが生じる。世帯形成者に関しては、公的借家は「梯子」の初期段階の住まいを準備する役割を果たす。しかし、結婚して独立した世帯を形成する場合を除けば、公的借家は若年層の住宅確保にほとんど貢献しない。

このページの先頭へ