トップ > 平成28年5月> 6日

シロウトが胸を張って良い住宅をつくるために

2016年5月6日「金曜日」更新の日記

2016-05-06の日記のIMAGE
最後に、消費者が良い住宅をつくるためにやることを整理しましょう。  消費者が主体的に関与する、などというと、現場の大工さんや工務店の社長は顔をしかめます。わがままな消費者が無理をいうという経験です。しかし、振り返ってみれば、消費者が何もわからず、無茶をいうこと自体、供給者が役割を果たしていないひとつの証拠です。  何も消費者は王様であるから、何でもいうことを聞くべきだ、などといっているのではありません。  何度も書いているように、住むことの専門家である消費者が住宅づくりに関与することは、自然であるだけでなく、後の維持・メンテナンス、住宅の本当の完成過程を考えると必要なことなのです。  良い住宅をつくることは、多くの住宅供給者にとっても目標です。そして、モノの組立てで住宅はできるのではありません。その過程では、情報や感情が行き交うコミュニケーションがあり、その結果の判断や結論が図面・仕様書という唯一の情報として固定されます。その情報が、そのまま現実のものになるのが施工過程です。  しかし、ここまでで住宅が完成しているわけではありません。この後の工程は、一部のお任せ主義者が外部にお金をかけて発注する以外は、消費者が主体的に担わなければなりません。それがうまくいかなければ、10年間の瑕疵担保責任は工務店にとってひどく重い負担となってしまいます。そのために、引渡しまでと引渡後に何をするのかが工務店の考えるべきことです。

このページの先頭へ