平成28年7月最新記事PICKUP!

標準仕様かオプションか
メーカー住宅の場合、構造体はもちろん設備や内外装に関してはどんな材料を使ってどんな材料を使ってどんな仕上げにするのかなど、標準仕様がきちんと定められているはずです。見積りを依頼する段階ともなれば建てたい家のアウトラインがほぼ把握できているでしょうから、標準仕様についても確認しておいたほうがいいと思います。そうは言っても、とくに構造体など、こんな規格の材料を使ってこんな工事をしますなんて言われても、何のことやらさっぱりわからないかもしれません。ですから、内容についてはさておき、メーカーを選ぶ時は標準仕様がきちんと定められているのかどうかをまず確認することです。そのへんがあいまいなメーカーはパスしたほうがいい。なぜなら、使う材料や仕上げ、設備などによって見積りの額が決まるのに、標準仕様がはっきりしていないようでは坪単価だって出ないはずですよね。勘ぐれば、材料や仕上げのグレードを調整してつじつまを合わせることだってできてしまうわけです。仕様書のコピーをもらって、確認してください。もうひとつ、面倒なのは標準仕様とオプションの二者択一方式です。標準仕様というのは、本来はそれだけですぐにでも住めることを前提に設定されているはずなのですが、なかなかそうはいきません。価格が安いということは当然、グレードも低いものにならざるを得ません。また、何を標準仕様に含めるかもメーカーによってまちまちですから、いきおい、値が張るものはオプションにして坪単価を上げないようにしようということになります。

最新コラム!2016年7月

平成28年7月1日新着!
【経費にできるもの】
2016-07-01更新の日記image
不動産所得を計算する場合には,総収入金額から必要経費をマイナスしますが,その必要経費とは,その収入`を得るためにかかった費用のことをいいます。具体的には,次に掲げるようなものが必要経費となります。 (1)租 
平成28年7月2日PICKUP
減価償却費
2016-07-02更新の日記image
土地などは,古くなったからといって値うちがなくなったなどということはありませんがそれにひきかえ,建物などは,建ててから20年もたてば,ペンキがはげたりあちらこちらが傷んだりしてきて,新築の時よりもずっと価値が下
平成28年7月3日更新
手付け金、申込金など
2016-07-03更新の日記image
一般に契約時に代金の一部を支払うのを「手付け金」という。「申込金」という形で、物件の 売買の優先権を確保するためにお金を支払うのは、あくまでも手付け金ではない。そのため に、申し込みを撤回した場合には、
平成28年7月4日最新情報
所有権の移転登記 
2016-07-04更新の日記image
不動産を購入したら、登記簿に登記をしなければならない。売買契約書があるから「これは オレの家だ」といっても登記がしてなければ第三者にそれを主張できないからである。登記は、売買契約書に記載されている「所有権の移
平成28年7月5日NEWS
登記簿謄本の読み方
2016-07-05更新の日記image
そこで、登記所で発行してくれる「登記簿謄本」はどのように読めばよいのかを解説してみよう。 登記簿謄本は、表題部、甲区、乙区の3つからなっている。   【1】表題部-物件の所在、建物の番号、構造、占有部分の
平成28年7月6日新着!
絶対失敗のない資金計画の考え方
2016-07-06更新の日記image
絶対失敗のない資金計画の考え方
住宅を購入しよう、と意思が固まってきたらまず住宅ローンは月々いくら支払えるか?を考える、というのが顧客の行動パターンだ。
そんな中で一般的なさじ加減、目安となるの
平成28年7月7日PICKUP
隣に住む人は何を望んで暮らしているのでしょうか
2016-07-07更新の日記image
あなたが楽しく暮らしたいと望んでいるとき、あなたの隣に住む人は何を望んで暮らしているのでしょうか。 やはり、あなたと同じように、楽しく暮らしたいと思っているのです。犬や猫は飼わないけれど、あるいは、飼いたくな
平成28年7月8日更新
【ぺットライフ新時代】
2016-07-08更新の日記image
楽しく暮らしたい。これは、だれもが望むことです。生活の場がマンションであろうが、一戸建てであろうが、都心であろうが、田舎であろうが、あるいは、裕福であろうがなかろうが、その望みは同じです。 それぞれの
平成28年7月11日最新情報
不動産の市場化が進む
2016-07-11更新の日記image
不動産の市場化が進むことによって明らかになるのは、その不動産の売買価格だけではありません。
その不動産に投資すればどれくらいの利益が上がるのかということはもちろん、賃貸オフィスビルや賃貸住宅であれば、賃料
平成28年7月12日NEWS
【返済期間は長期がおすすめー最長50年の親子リレーもある】
2016-07-12更新の日記image
 住宅取得は多額な資金を要するので、長期にわたっての返済を希望します。その理由は、短期であれば毎回の返済金が高くなるのは当然です。また、長期であれば毎回の返済金が軽減するほか、今までの経済の動向からみて、物価上
平成28年7月13日新着!
日本では、大家が店子に貸してやるという意識がまだ残っている。
2016-07-13更新の日記image
も、あまり見せても迷うだけでなかなか決まらないから、最小限度の物件を探すための必要条項を知ろうとします。最初に行ったときに書かされる書類がそうなのですが、名まえ、住所、家族構成、収入、いまの家賃などなどを知
平成28年7月14日PICKUP
契約の段階で何を心がければいいのでしょう
2016-07-14更新の日記image
当初、契約の時点から弱みをみせてはいけないということですね。   不動産賃貸のトラブルの大部分は、契約の段階ではなく、解約のときに起きていま す。しかし、そのトラブルの原因のほとんどは、契約のときに、
平成28年7月15日更新
自分が契約しようと思う部屋が見つかったら
2016-07-15更新の日記image
たとえば物件を見に行きました。部屋が汚れていました。これはどうするのですか。46 きれいにしないのですか。畳も汚れていますね。と指摘し、直すべきところは直して もらいます。   もっとだいじなことは、自
平成28年7月16日最新情報
<融資利用年齢と完済時の明示>
2016-07-16更新の日記image
<融資利用年齢と完済時の明示> 一方、民間融資では、金融機関が60歳までに借りて、70歳までに返済を終えるのが原則です。ただし、金融機関の中には、65歳までに借りて完済時の年齢が75歳未満の 方というのもあ
平成28年7月17日NEWS
【借りる前に返せるー返済計画表の見直し】
2016-07-17更新の日記image
【借りる前に返せるー返済計画表の見直し】  公庫の窓口を通じての公庫・年金・財形の融資では、中込轡を購入すると、「資金計画・返済計画表」があります。この用紙は、申し込みにあたって、借入中込書と一緒に提出しなけ
平成28年7月18日新着!
<返済負担率は手取年収で考えよう>
2016-07-18更新の日記image
<返済負担率は手取年収で考えよう> 年収の12分の1を月収として返済負担率を算出していますが、この場合の年収とは、税金や社会保険料を含んだものです。それに対して、返済計画による毎月返済額は税引後の支出です。し
平成28年7月19日PICKUP
色や柄を取り入れてみたい
2016-07-19更新の日記image
色や柄を取り入れてみたいけれども、ちょっと自信がないというのであれば、ワンポイントとして収納やトイレの扉、ふすま戸(ふすま紙の代わりに)に貼ってみるという手もあります。なにも部屋中を一色で統一する必要はありませ
平成28年7月20日更新
細かいアドバイス
2016-07-20更新の日記image
「白以外のクロスを知らない、見たことがない」というのは、オーナーさんだけではなく内見者や入居者も同じだからです。ですから、その色や柄が内見者の好みとマッチしていたり、ほかの物件にないインパクトや魅力を与えたりで
平成28年7月21日最新情報
『依頼する社数』
2016-07-21更新の日記image
『依頼する社数』  募集の条件が決まったら、賃貸仲介の不動産会社に正式に募集を依頼します。  募集する能力は、大手で有名なところ、1階で広い店を構えているところが、必ずしもいいとは限りません。できるだけ多く
平成28年7月22日NEWS
『仲介担当者が進めやすいよう工夫を』
2016-07-22更新の日記image
『仲介担当者が進めやすいよう工夫を』  いざ、入居者の募集を始めたら、募集を頼んだ不動産会社の担当者とは ぜひ仲良くしましょう。マンションやアパートを探している入居者に物件 を紹介し、説明してくれるのは、
平成28年7月25日新着!
業歴の長いデベロッパー
2016-07-25更新の日記image
不動産業界では業歴の長いデベロッパーが経験や勘による基準で土地を購入・分譲し、住宅用地として売り出している。顧客は事前に区画割りされた土地を選ぶしかない。つまり、顧客の要望が反映されない、不動産会社からの一方的
平成28年7月26日PICKUP
マイホームを建てる顧客層
2016-07-26更新の日記image
ニードのサービスを活用してマイホームを建てる顧客層の半数以上は、団塊ジュニア世代”が占めているという。自分らしさを追求する団塊ジュニア世代にとって、顧客の視点を重視するニードのサービスは魅力的なのだろう。  
平成28年7月27日更新
【資産形成は収益用不動産による「」点突破」で行う】
2016-07-27更新の日記image
【資産形成は収益用不動産による「」点突破」で行う】  投資をするにあたり、資産をどのように配分するか、すなわち、資産ポートフォリオ の考え方が大切になってきます。一般的には資産三分法といって、「現金(預金)
平成28年7月28日最新情報
【アパート事業におけるキャッシュフローの重要性】
2016-07-28更新の日記image
【アパート事業におけるキャッシュフローの重要性】  「不動産投資はキャッシュフローが大切であり、キャッシュフローが全て」と、前出の林弘明氏は常々おっしゃっています。40年間の長きにわたり、不動産投資を実践され
平成28年7月29日NEWS
『施工者/契約』
2016-07-29更新の日記image
数子万円あるいは億を超える工事の発注が、あまりに軽く扱われていることも驚くべきことです。知人の紹介、熱心な営業マン、有名な大手企業などを安易に信頼してしまい、企業側に都合よくつくられた契約書の内容を十分に理解す
平成28年7月30日新着!
『建築条件付き』施工会社選定
2016-07-30更新の日記image
『建築条件付き』施工会社選定の失敗は、先に述べた「根拠のない信頼による契約」などにもよりますが、その失敗を強制させられているひとつの形が「建築条件付き」という方式での契約です。これは土地の売り主が施工会社を指定
平成28年7月31日PICKUP
欠陥住宅のトラブル
2016-07-31更新の日記image
欠陥住宅のトラブルでは、事前の打ち合わせが不十分で、建て主の意図が設計者に十分伝えられていないことも共通しています。打ち合わせがまったく行われていないという例すらありました。設計図に事前の打ち合わせを反映しない

このページの先頭へ