トップ > 平成28年10月> 2日

日本経済が構造的に変わった

2016年10月2日「日曜日」更新の日記

2016-10-02の日記のIMAGE
一九八九年にドイツのベルリンの壁が崩壊し、東西対立の構図がなくなった。それ以降、経済のグローバル化か進み、世界の形は大きく変化した。日本企業も、好むと好まざるとにかかわらず、こうしたグローバル化の影響を強く受けるようになってきた。激しい国際競争に伴う、生産拠点の海外移転、企業の統廃合、さらに終身雇用制の崩壊など、事例を挙げはじめれば枚挙にいとまがない。このような状況は、不動産市場にも直接的、間接的なインパクトを与える。「内需」といわれる住宅・不動産市場の需要も、グロ-バル化の影響に無縁であるとは言い切れなくなっている。また、インターネットの急速な普及は、企業の活動様式を変えていて、オフィスや店舗の需要を変えはじめている。このような新しい現象が出てくる背景には、単に不況だけではなく、日本経済の構造的な変化があるのだ。以下に、日本経済の構造的変化が、不動産市場にどのような影響を与えはじめているか、代表的な事例を挙げてみたい。

仕事を早く

最近仕事を早くする意識を強くもってます、なぜなら仕事が出来る人は仕事が早いんですよね。そうした際に、タワーマンションなどに住めるんですよね。アセットマイスター様のスタッフの方とお話した際にアセットマイスター様は高級賃貸物件を扱っていたため、是非住みたいとなり、こういった意識となりました。

このページの先頭へ