トップ > 平成29年1月> 16日

善管注意義務特約

2017年1月16日「月曜日」更新の日記

2017-01-16の日記のIMAGE
善管注意義務という言葉は法律用語で、具体的にどう使えばよいのかがわかりづらい言葉です。これから契約書を作るときは、この善管注意義務を具体的に記載するとよいと思います。ものも契約書があまりにも膨大な量になってしまうときは、契約書に添付する「使用細則」に細かく記載をしてもよいと思います。記載例としては、例えば次のように記載します。<記載例>借主は、本物件を善良なる管理者としての注意義務をもって、次のように自分のもの以上に大切に使用すること。①部屋の内・外をいつもきれいに掃除をすること。②室内での喫煙、油煙を大量に発生させる(ジンギスカン、てんぷら等)料理等は室内では原則として行わないこと。これらの行為を室内で行う場合は、クロス張替え費用等の支払いを容認すること。③重量家具や床にへこみを生じさせるような脚のある家具等は、じかに置いて床に直接ダメージを与えないように、床との間に板や敷物を敷いた上に置くこと。④建物の内外を問わず、壁面、柱、天井等その他あらゆる箇所にくぎ、画鋲を打ったりセロハンテープでとめたりしないこと。⑤結露が発生しないように換気を十分にすること。もし結露が発生した場合は、すみやかにその都度拭き取ること。

四ツ橋の賃貸マンションに住み始めて

四ツ橋の賃貸物件に引越しをして、早6か月が経ちました。とても時間が過ぎるのが早いです。。。四ツ橋は交通の便もとても良く、引っ越しをしてから会社への通勤時間がとても短くなりました。それも全て四ツ橋の賃貸マンションへ引越しをおススメしてくれた私の友人へとても感謝です!!友人から引越しをおすすめしてもらったときは、お金も時間もかかるしめんどくさいと思っていたのですが、やっぱり思い切って引越ししてよかったです!

このページの先頭へ