トップ > 平成29年10月> 2日

合わなければ営業マンをチェンジ

2017年10月2日「月曜日」更新の日記

2017-10-02の日記のIMAGE
担当の営業マンとフィーリングが合うか合わないかは、家づくりを成功に導くキーポイントだと言いました。 しかし、なにも難しく考えることはありません。 話し方や態度、表情などを注意深く観察していれば、その人の物の考え方とか性格、真面目そうだとかやる気がありそうだとか、自分と好みが合いそうだとか、およその見当はつくと思いますよ。 あるいは、何回か打ち合わせをしていくうちに、時間にルーズでいつもいらいらさせられるとか、頼んだことをなかなかやってくれないとか、人の話をよく聞いてくれないとか、そんな不満が出るようであれば、これは単にフィーリングの問題ではなくプロとして失格といわざるをえません。  ともあれ、この営業マンとはどうも相性が悪い、あまりお付き合いしたくないと思ったら、遠慮せずに別の人に変えてもらうことです。 ただし、正面切って相手を否定してしまっては、やはり双方にしこりが残りかねませんし、広いようで狭い世の中、あとでいやな思いをすることにならないとは言いきれませんよね。 ですから、担当の営業マンを変えて欲しいと思ったときは、彼の上司に相談を持ちかけるのが賢いやり方だと思います。もちろん、その理由をはっきりと述べたうえで…。 「担当の人を別の人に変えてくれなんて言ったら、失礼なんじやないか」などと気に病むことはありません。 ときはぜったいに記名しないことです。

このページの先頭へ