トップ > 平成29年10月> 13日

お客側の対応

2017年10月13日「金曜日」更新の日記

2017-10-13の日記のIMAGE
たとえば、こんなお客さんがいました。都内で手広く商売をしているA夫妻ですが、とくに奥さんの対応は素晴らしかったですね。 何人もの人を使っているせいもあるのでしょうが、いつも二コニコと感じがよく、とにかく他人の意見をよく聞いてくれる。 何か相談があるときは「私はこうしたいと思いますが、あなたならどうなさいますか」と、必ず相手の意見を聞きます。  なんだ、そんなことかと思われるかもしれませんが、これが案外難かしいんです。 「俺の家を建てるんだから、言うとおりにしてくれればいいんだ」と言わんばかりの人がけっこう多いんですよ。 私たちも最終的には「お客さまは神様」だと思っていますから、こうしろと言われればそうしますが、これでは100%以上の成果は望めません。 どうせ提案したって聞いてはくれないだろうと思えば、よけいなことは言わずに言われたことをやっていればいいということになります。 要は心意気だと思います。 同じ使われるなら気持ちよく使われたいということですよ。 A夫人は、要求すべきところはきちんと要求しながら、「おまかせします」「教えてください」という信頼の心がこちらにちゃんと伝わってきます。A夫人は現場に立ち寄ると、現場で働く人たちに必ずねぎらいの言葉をかけていきます。

このページの先頭へ